竹内主計

記事一覧(126)

リノベーションします。

いつもご来店いただきありがとうございます。「居心地のいい美容室」を目指して、COZY*COZYがオープンして13年が経とうとしています。この間、多くのお客様にご来店いただくとともに、沢山のご支援をいただいてきました。最近では、美容技術・サービスにおける設備の必要性やその時々の流行に対応した美容室が求められており、いささかCOZY*COZYの設備は不器用になってきています。そこで、今まで以上に居心地がよく、新しいメニュー、より良いサービスが提供できるよう11月19日(月)より少しばかりリリノベーションすることになりました。工事中は営業ができないのでお休みさせていただかなければならず、お客様には大変ご迷惑をおかけしますが何とぞご理解のほどよろしくお願いたします。また、工事休業に入る11月18日(日)までは、大変ご予約が混み合うと思われますのでお早めのご予約お待ちしております。尚、工事休業中もお電話でのお問合せをはじめ、リノベーション後のご予約は承っております。また、どうしてもこの期間中にというお客様は直接お電話にてお問い合わせください。出来る限り、何らかの方法で対応させていただきます。何かとご迷惑をおけしますが、リノベーション後の新COZY*COZYを楽しみしてお待ちください。きっとご満足いただける美容室になるとお約束させていただきます。

独立記念日

昨日、10月10日は21年前に”bbidd HAIR&MAKE”(be beauty identity dream design)として独立した日だった。それまでは県内で10店舗ほど営業する大きなサロンに16年勤務し、全体のマネージャー的位置で好き勝手に思う存分仕事をさせてもらっていた。結婚もし子供も生まれ、家も建て、端から見たら安定の環境だったが、だからなのか、ふと立ち止まって今の自分の立ち位置を考えてみた時、「このままで良いのか」「美容師になった目的は」と、将来への自分に対して考えるスパイラルに落ちてしまった。数日考えたあげくに出した答えは、「苦労をしてみたい」だった。今の環境にいる限り多分将来は安泰だろうし、スタッフにも恵まれ、経営者サイドの仕事をやらせてもらい充実感もある。しかし、ずっとこのままの環境で良いのかといった思いが悶々と心の奥底にあったのも確かだ。翌日、オーナーと約束をし、ブライダルで入居しているホテルのカフェで思いを打ち明けた。オーナーの答えは、「やってみたら」の一言。やけにあっさりしたものだった。もう少し、辞めるのを留意してくるとの期待もあったのだが、長い付き合いで、そんなことがないのは最初から分かっていた。オーナーは、「どうせ、留めても考えは変わらないだろうし、自分でやってみることで分かることもある」とのアドバイスももらった。彼女は昔から「去る者は追わず、来るものは拒まず」と言っており、何百人ものスタッフが通り過ぎていったと日頃から話してくれていた。独立が決まってからオープンまで3ヵ月間。物件探し、内装工事の打合せ、金策、融資、スタッフの求人、オープンの告知、お客様やディラーへの挨拶、などやらないとならない事が山積みで、あっという間にオープン初日を迎えたことを思い出す。その後、7年間を”bbidd HAIR&MAKE”という、ヘアメイクが美容室やったらどうなるかとの思いから誕生した少し尖ったヘアサロンを締め、新たに、美容室らしい美容室との思いから、今のCOZY*COZYをオープンさせた。COZY*COZYは『居心地のいい美容室』をコンセプトに、カット、パーマ、ヘアカラーといった美容技術の質を追求し、お客さまに最高の技術を提供する美容室としてやってきた。そして、これからも質の追求は変わらず、お客様の求める美容にあわせて向上していかなければならないとともに、美容業界への貢献をおこなう。10月10日「独立記念日」に毎年思うことである。そして、22年目に向け、新たなステップを踏み出したい。この秋、COZY*COZYはコンフォートな空間と技術をテーマにリニュアルします。